高血圧の人はどのような運動をしたら良いか

高血圧の人はどのような運動をしたら良いか

高血圧の人はどのような運動をしたら良いか 高血圧の人には運動が良いと言われていますが、高血圧の改善や予防などの運動をするにはどの位の頻度でどの程度やれば効果があるのでしょうか。良く言われるのは、月に数回まとめて長時間やる方法よりは毎日30分から1時間程度運動する方が良いと言われています。やはり、毎日の習慣として無理のない範囲で行い、長く続けることが大切なのです。

毎日続けられる運動として良くみんながやっているのがウォーキングです。ウォーキングは道具もいらず、家の近所ですぐ始めることができ大変手軽です。以前はウォーキングなどでも続けて20分以上歩かないと脂肪が燃えず運動の効果がないと言われていました。しかし最近では、時間は細切れでもいいので継続することに効果があると言われています。例えば、毎日ウォーキングだけの時間をとることができなくても、通勤で一駅分余分に歩いてみましょう。朝と晩で10分から15分ずつ歩くだけでも運動したことになります。このような軽い運動でも続ければと2ヶ月から3ヶ月ぐらいで血圧が下がる効果が半数の人に認められると言われています。

運動も、激しい運動の方が効果が上がると勘違いする人がいます。しかし、激しい運動は逆効果のことも多いので、軽く息がはずむ程度の適度な有酸素運動の方が効果があると言われています。

Copyright (C)2014高血圧の人はどのような運動をしたら良いか.All rights reserved.